本文へスキップ

Our company is a professional of a maintenance

TEL. 045-952-0061

〒241-0806 横浜市旭区下川井町2223番地

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

新着情報
平成30年4月1日
今まで横浜市より委託されて市内の下水道施設の点検・清掃を行っていまりましたが、この度4月1日より、洗浄作業と平行してノズルカメラによるスクリーニング調査を行う事となりました。目視点検では発見し難かった管の破損等もカメラによるスクリーニングで発見し、これから増えつつある陥没事故を未然に防ぐ一翼を担えればと思います。弊社は通常、青葉区、緑区を担当していましたが、平成30年4月1日からは瀬谷区、旭区の下水道施設の点検・清掃を行う事となりました。
 
平成30年3月10日
関東では8日夜から9日朝にかけ局地的な大雨に見舞われ、日産スタジアムがある新横浜公園が、一昨年10月以来、冠水被害いあいました。今回は冠水被害が大きかったです。弊社の清掃の延べ日数は6日間でした。
   
平成29年10月24日
10月23日、台風21号の影響により日産スタジアムがある新横浜公園が、一昨年8月以来、冠水被害いあいました。今回は前回よりは冠水被害は少なかったので、10月24日に残業をして何とか1日で清掃作業を完了する事が出来ました。
平成29年10月1日
念願の横浜型地域貢献企業として10月1日から認定されることとなりました。 これからも継続して認定企業として、微力ながら地域に貢献出来るよう日々頑張っていきたいと思います。
  
平成29年5月1日
普通救命講習Tに続き今回、小児、乳幼児に対する心肺蘇生とAEDの使用方法を習得する講習、普通救命講習Vの資格を社員2名が取得しました。
平成29年1月16日    
この度、例の一件をきっかけに、微力ながら日頃のAED普及活動の結果、弊社加入の横浜市下水道管理協同組合19社すべて(弊社含む)が、AEDを作業車に搭載する事となりました。今後は横浜市内をAED搭載車とステッカーを貼った車が走行していますので、もしもの場合(何もないのが一番ですが)お声掛け下さい。
 
平成28年12月14日
心肺停止で倒れた交通整理員の方が無事退院し職場復帰をしました。以前のように弊社の交通整理員として働いております。本当に良かったです。
平成28年10月5日        
作業中に普段来て頂いてる交通整理員が、心筋梗塞で倒れて心肺停止になりました。即座に普段から作業車に搭載しているAEDを使用しました。。幸いな事に前日に講習を受けたばかりだったので非常に手際よく心臓マッサージと同時にAEDを使用する事が出来ました。救急車が来るまで10分程度掛かりましたが、その間ずっと蘇生を行いました。病院について医師からは7割助からないと、助かっても植物状態になる可能性が高いと言われました。結局心臓が完全に動いたのは倒れてから45分後の事でした。がしかし!奇跡的に後遺症もなく助かりました。救命士の方からはその状態で助かって何の後遺症もないのは見た事がないと言われたようです。ペースメーカーとは少し違うICD(不整脈が起きたときに電気ショック与える機能)を体内に取付けるようになるみたいですが、暫くしたら職場復帰も出来て、また一緒に働けると信じています。よかったです。今回間違いなく、救急車が来るまでの10分間、心配蘇生を行っていなかったら亡くなっていたと思います。正直AEDなんて使うことは多分無いと思っていたし、講習も改めて受けなくても大丈夫かなぁーなんて思っていたけど・・・やっていた事は間違いではなかったです。この経験を踏まえ、これからはAEDの搭載車普及に尽力出来ればなんて考えています。
平成28年10月4日       
今回改めて社員2名が成人に対する心肺蘇生とAEDの使用方法等を習得する講習、普通救命講習Tの資格を取得しました。元々、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の資格はほぼほぼみんな持っていますが、やはり前回講習を受けてから時間も経っていたので、もしもの為にと思い講習を受けてもらいました。まさかこんな事が起きるとは想像していませんでした・・・。
平成28年8月24日       
日産スタジアムがある新横浜公園が、8月22日の台風9号の影響により冠水しました。一昨年10月の台風以来の冠水被害になりました。前回よりは冠水被害は少なかったですが、8月24日から3日間の要請がありました。
 
平成28年6月28日       
この度、給水用のタンク(容量3t)を設置しました。水の腐敗の防止の為、月に1,2回程度、給水車、洗浄車の水の補給にも使用しますが、災害時、万一断水の際には、地域住民の方に生活用水として、お配りいたします。
 
平成27年11月13日
この度、作業車に1台ではありますが、AEDを搭載する事にしました。従業員や地域の方々の万が一の事態に備えて導入しました。             また、AED導入日11月13日、社内にて全社員参加で、AEDの講習会をおこないました。元々社員は全員ではありませんが、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の資格を持っているので、心肺蘇生法についての知識はあるので、AEDの使用方法が分かれば問題なく使えるかと思います。
 
平成26年10月9日
日産スタジアムがある新横浜公園が、10月6日の台風18号の影響により冠水しました。昨年10月の台風以来の冠水被害になりました。それにしても昨年は4月、10月、2回も冠水し、4月の冠水は9年ぶりだそうで、それを考えると、ここの所、頻繁に冠水しているのは、遊水池とは言え、やはり近年の異常気象の影響で、想像以上の雨量が多くなっているのは間違いないと思います。それと今回は翌週に台風19号が待構えていてので作業としては、それを踏まえての段取りとなりました。結局台風19号では冠水しませんでした。当社は10月9日、14日、15日の3日間の出動になりました。
 
平成26年5月7日完成
今回は事務所の外壁工事と事務所前の舗装工事を行いました。これで全て完成。
着工前着工前

着工後 着工後
平成26年2月20日完成
事務所内のリフォームが完成。約1ヶ月で竣工しました。今まで断熱材も入ってなく、特に冬が非常に寒かったです。今回はしっかり断熱材も入りました。次は外壁のリーフォームです。     
着工前着工中
着工後 着工後
平成25年10月17日
日産スタジアムがある新横浜公園が、台風26号の影響により、今年4月6日の大雨に続き2回目の冠水被害あいました。今回は前回程の被害はなかったものの、 10月17日、18日と、やはり同じく2日間の要請がありました。公園内のテニスコート、スケボー広場、バスケット場等、清掃完了次第、順次開放しました。また、19日のJリーグ横浜Fマリノス対サンフレッチェ広島の試合前には、スタジアム周りの公園は何とかきれいになりました。
 
平成25年8月26日
水道産業新聞に横浜市の下水道管路部長のインタビュー記事に弊社が加入している横浜市下水道管理協同組合の業務内容について紹介されました
記事内容拡大画像
平成25年4月11日
日産スタジアムがある新横浜公園が、4月6日の大雨により、9年ぶりに冠水被害にあいました。新横浜公園は、元々多目的遊水池として作られたため、大雨が降った時は水が溜まる構造にはなっていますが、今回は鶴見川の氾濫により浸入した水の他、泥砂、ゴミ等も入り、現在でも第一駐車場、第二駐車場、しんよこフットボールパーク、中央広場以外は清掃・点検のため、立ち入り禁止となっています。そこで復旧の為、弊社も要請を受け数社の同業者と共に、出動するする事となりました。4月11日、12日の2日間でしたが、何とか園内の道路、テニスコート周りの道路等の清掃は完了しました。
  
  
  
平成24年9月1日
横浜市より地震時における管路調査・復旧協力会社である事の証明書を発行。
平成22年12月13日
安全運転管理者選任事業所として旭安全運転管理協会より表彰。

サポート情報(FAQ)

サービス関連

Q.調整池を見積ってもらうのに、事前にどんな情報が必要ですか?

A.場所がわかれば、こちらで現場を確認するので特に事前の情報等は必要ありません。しいて言えば調整池が
  設置されている場所には必ず看板があり、そこに面積(u)と水深(m)が記載されているので、その情報
  があれば助かります。また、現場を確認する際には特に立会等の必要はありません。(まれに人孔に鎖等で
  鍵がかかっている場合があるのでその時は鍵を先にお借りするか、立会ってい頂く事になります。)
  また、だいたい金額はどの位?と質問がされる事がありますが、その場合他に、汚泥の量(全体を平均して
  何pぐらい溜まっているか)、それと4t車輌が進入可能か、入坑口の近くに車が駐車出来作業が出来るか、
  出来ない場合は何mぐらい離れた場所に駐車出来るか等があれば現場を見なくても、おおよそですが、見積
  もり金額を出す事が可能です。但し、汚泥の量を調べるには、中に入らなくていけないので、酸欠等の安全
  には十分気を付けて下さい。また、あくまでもお見積もりについては概算ですので、現場を見て確認しない
  と正確な金額は出せませんので、ご了承ください。   

Q.?

A.

Q.?

A.


バナースペース

邦栄メンテナンス株式会社

〒241-0806
横浜市旭区下川井町2223番地

TEL 045-952-0061
FAX 045-951-6049